レベル感
ネイティブ並み
説明
文法も表現も流暢さも完璧です。ネイティブと同じレベルと言えます。

コメント

 
S評価は「ネイティブスピーカーとほぼ同等である」という指標のため、英語を特に極めたい人が目指すべき指標と言えます。
英語が「間違いなく伝われば問題ない」と言う方は、S評価に固執しすぎると言うより、A評価でも妥協すると言う姿勢が大事と言えます。

データ

 
・Quote(音声読み上げ)の時は、上位約10.6%の音声が獲得しています。例えば2021年5月時点では 4750の中、502の音声がS評価とされています。
 
・Question(質疑応答)の時は、難易度が格段に跳ね上がる傾向があり、上位8.9%のみが取得しています。例えば2021年5月時点では872の中、78の音声がS評価とされています。